魔女学とは

バイオリズムを知り、元気に楽しく、時間をムダにしない開運生活術のこと。

現代の日本で、

女性がシゴトをしながら元気に生きていくために必要なこと。

それは、

1)長くシゴトができるコンディション

2)シゴトのオファーが途切れない運気

ですよね。

終身雇用も、年金もツッコミどころは満載ですが、

今後、超高齢化社会がくることがわかっているんだし、

社会のシステム的に無理に決まっているんだから、

そもそもアテにしないほうがいいものなんですよ。

貨幣価値だって、どうなるかわかりませんからね。

だから、細く長くでもコンスタントに稼げるほうが大事。

その上で、やりたいことをやるのが、元気に生きていくコツです。

人生に定年はない!

美味しいものを食べながら、

生涯現役で、元気に楽しく過ごそう!

というコンセプトのもと、

メルマガでは、簡単に取り入れられることを中心に、

「今」大事なことをお伝えしています。

生を活かすということが、「生活」ということ。

ここをないがしろにしては、

あなた自身が、あなたの人生を軽視していることになりますよ。

地球にもバイオリズムがあり、

あなたにもバイオリズムがあります。

私たちの人生の持ち時間は、どんどん減っていきます。

不調の日は、最低限にしたくないですか?

あらかじめ読んで、どちらもうまくコントロールすることが大事ですよね。

特に「個」の時代になるというのは、

死ぬまで働け! と言われたも同然。

集合体が守ってくれる時代ではないということですから。

でも、それはそれでいいと思うのです。

ご自身に合うペースは見極めたほうがいいと思いますが、

誰かに必要とされているうちは、働いたり、

社会や家族に貢献するほうが、きっと楽しいですよ。

そう思われた方は、是非メルマガを読んでみてください。

合わなければ、いつでも購読解除どうぞ!

運気アップはめちゃめちゃ大事!

運気にも、バイオリズムがあります。

誰にでもイイ時と悪い時があります。

イイ時とは、上りのエスカレーターに乗っているような時で、

悪い時とは、動かないエスカレーターに乗っているようなものです。

私は、元々めっちゃ強運ですが、それだって悪い時もあります。

でも、バイオリズムもあらかじめわかっているので、

その時に、ちょうどイイ過ごし方を心がけています。

それに、イイ時に運のポイントをためておいて、

悪い時でも、大した影響がないようにしています。

生まれ持った運の強さの〈差〉は、あります。

でも、もともとがそこまで強運じゃない人もやりようがあります。

いくら生活に気を付け、コンディションをととのえていても、

防ぎようのない事件や事故に巻き込まれたくはありません。

理屈に合わない事件や事故なんて、これからどんどん増えるでしょうね。

災害だって、異常気象だって、これから色々と起こるでしょう。

その時に、どこにいるかってとっても大事なこと。

正直なところ、最後の最後は〈運〉なんです。

また、人の〈縁〉というものは、神さま領域のことです。

だから上限もないし、タイミングだってイイ時に乗っかればいいだけ。

運気アップって、ポイントカードにポイントを貯めていくようなものなのです。

ポイント10倍DAYに乗っかれば早いし、毎日コツコツでもいいんです。

やり方次第では、なんとでもなるんです。

ただ、やり方を知らないだけなのです。

というわけで、このコンディションと運の2点を強化しておくのは、

長くシゴトをしていく上でとっても大事。

木でいうところの〈幹〉の部分ですね。

その上で、あなたがあなたらしく、

やりたいことや、社会に求められていることで、

花を咲かせられたら最高ですよね。

そう思われた方も、是非メルマガにご登録ください。

魔女学入門方法

というわけで、〈魔女学〉への入門方法は

A)メルマガを読んでいただく

B)講義、企画への参加

の2つです。

A)メルマガへご登録ください

基本的に、月4回発行の無料メルマガ内で、色々と語っております。

公には書けないことが多いので…

メルマガを読んでいただくだけでも、その時々に

必要な生活術のエッセンスを受け取っていただけるように

書いておりますので、是非ご登録ください。

B)講座のお申込み窓口も、メルマガ内です

ので、まずは月4回発行の無料メールマガジンをお読みください。

お読みいただいて、「直接、話を聞いてみたい!」と思われたら、

講座募集の時に、お申込みフォームのリンクからお申込みください。

ここがメルマガ申込みページか! っていうくらい、

メルマガへの誘導しかしてない気がしますが(笑)、

メルマガやリアルな場でしか言えないことも多いので、、、

ご了承ください。