語学も、きっと筋力


今回の台湾旅行では、同行者のレイメンが広東語を喋れたため、
タクシー内で情報を聞き出しまくり、話が弾みまくり!
弾丸旅行だったこともあり、移動は100%タクシーでしたが、
タクシーに乗る度に現地の情報収集の場としても大変ありがたく。

 

その度に思ったことは、
「現地語を話せると強い!」ということでした。

 

強いのは、英語じゃないんだー!っていうか…
なんとなく、ほとんど英語を話せない私からすると、
世界の公用語と言われている英語を話せると便利なんだろうな~
と思ってましたし、
実際、英語を話せる子を見ていると、強いのは強い。

 

もちろん、英語を操れるにこしたことはないんでしょうけども、
世界で、英語を国民全員が使える国がどれくらいあるのか??
タクシーの運ちゃんや街の人が嬉々として説明してくれているのを見て
なんとなく、向こうも自分がストレスなく会話できる人には
色々と教えてあげたいんだろうな~と感じましたね。

 

せっかく来たからには、自分の国のよさをわかってもらいたいのかな。
でも、それが母国語じゃないと、いちいち説明するにも
英語とかに変換して説明しなきゃで、それが母国語ではない以上
面倒くさくてやめてしまうんだろうな~と。

 

でも、私もそう。
日本語でおススメのおいしい店とか聞かれると、喋る喋る(笑)。
うっかりすると喋りすぎて『歩く食べログ』とか言われる(笑)。
相手の国籍は気にしてないですし、語学力も気にしてはいません。
聞かれていることがなんとなくでもわかって、
答えていることが伝わってそうなら話す。
でも「英語で説明して」と言われたら、
英語が世界の公用語だろうがなんだろうが
さっさと別の人にまわします。
まわされた別の人がグルメ情報に詳しいかどうかは、私の知ったことではない。

 

実はレイメン曰く、広東語≠台湾語のため、
分からない単語もあったそうで、言われてみれば
確かにスルーしてるっぽいところもありましたが(笑)、
でも、お互いにそのことを問題にしてる風もなく、
にこやかにThank you&バイバイ(@^^)/~~~

 

そして、私はずーっと日本語オンリーで生活していたので
例えば、もちろん「ニィハオ」「謝謝」は知ってるんですが、
それすらも最初、反射では出てきていないのですよ。

 

多分、行きたい/住みたいところが決まっていたら
まず現地で一番使われている言語を習得したらいいんだろうな。
で、目的地が決まっていない場合は、確率の高い英語か。
おそらく、英語も反射で出てくるようになっていれば、
他の言語習得も早いんじゃないかなって気がします。

 

日本での外国語学習は理論や知識、つまり「頭」から入り
つい『正しさ』を求めてしまいがちですが、
やっぱりそれは『受験英語』。
採点基準が発生しないと、テストとして成立しませんから。

 

じゃあ何か?って言われると、答えが思いついていなかったので
なんとなく他言語の習得は後回しにしていたのですが、
今回見ていて「反射=筋肉か!」と。反射も筋肉ですからね…

 

ちなみにレイメン妻も”反射力”がモノスゴ~クある。
だから、彼女にとって英語と日本語の立ち位置は多分そう変わらない。
日本にいると、みんなも想像で補ってくれるから
コミュニケーションツールとしてはなんとかなってる?
ような気がするけど、日本語には、反射で攻略できない
漢字というものがある分、日本語の方が苦手なんだろうな。
そして、日本語に似て非なるオリジナル言語の習得に至ったんだろうな…

 

そして、レイメンが日本語と英語と広東語をちゃんぽん状態で
喋ってるのを見て、私は、例えば英語オンリーで100点を目指すより
色んな言語を50点ずつ目指す方が面白そう!だと思いました。
最初、レイメンの語学スイッチ力すげー!と思って見ていましたが、
そういうことではないんじゃないのかなと。

 

ま、英語もロクに話せてないのに何国語もか!と、
思わなくもないですが、ま、ちゃんぽんで伝わればいいや。
補完部分はきっと相手と、アプリの翻訳ソフトがやってくれる!(笑)
あ、外国行くならスマホって便利なんだな…と思いました、ハイ。

 

多分、根底は一緒なんだろうな~と見ていて感じましたので、
その辺りの反射筋と、外国語を”使える言語力”と
するためのアクセス方法を求めて、
レイメンのキックオフイベントに顔を出してみようと思いまっす!
https://www.raimanau.com/

 

タイムリーすぎる内容~~~♪
翌日の予定はまたどえらいハードなヤツなのですが、まぁまぁ(^^;

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?