胃腸の調子が悪い方へ


調子が悪ければ、1~2食抜いてみるのもおススメです。
だいたい「食べ過ぎ」です。

 

むかつきや痛みなど、銀杏の調子が悪くなる原因でよくみられるのは、胃や腸の粘膜に軽い炎症が起きている場合です。食事には粘膜の保護や新生に不可欠なビタミンAや、粘膜を丈夫にする作用をもつビタミンCを含む食品をとり入れると効果的です。
(五訂増補日本食品標準成分表より抜粋)

 

炎症で傷ついた粘膜の修復にはビタミンUが最強☆

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?