所属団体に逆らわない信者の作り方

先日、友人の友人が、とある団体にハマっていて、
その団体では「『ラードは悪!ウチの油は
すっごくいいものだからそれを使え』と言われているんだ」と
力説されたんだけど、それってどういうこと?
と聞かれまして。

悪…… 悪とな!
豚肉などは食べない方なのですかね。
そうなんでしょうね。
豚肉食べたら脂身も入りますしね。
完全に避けるなんて無理ですしね。

豚は、あの豚さんの形で地上で生育しているので、
部分的に悪だ!ってのは、豚にも大層失礼な話だと思うのですが。
(悪なのだとしたら、私たちの食べ方が悪いだけ)

ただ、これね、ビジネス戦略としてはうまいと思いました。
1つは、単純に売上が上がりますよね。

もう1つは、脂をうまく食べないと脳が覚醒しないんです。
確かに知識もなしに食べるとそれはそれで危険もあるのですが、、、
「脂」の代用が「油」にはならないのです。全然違いますから。
脂を否定するってことは、そのことがわかっていると思うのですが、
その点でも既に矛盾していないですかね?
まぁ友人もその人の主張がよくわからなかったようなので、
その団体がどんな油を推奨しているのかは知りませんが…

まぁその商品の是非はどうでもよくて。
商品の良さは良さで、どこかにはあるのでしょう、きっと。
それはさておいて、、、

忘れないでおいていただきたいのは、
脂をうまく摂らなければ、脳の覚醒はありません。
だからそこを摂らせないようにすれば、もれなく
団 体 に 逆 ら わ な い 信 者 の 完 成!です。

団体の言いなりになる信者を育てつつ売上もあげる、
ビジネス上はとっても一石二鳥なナイス作戦だと思います。

まぁその方が、その団体に依存していることが幸せなのでしたら
それはそれでいいのかもしれませんが、私はパスです。
せっかく豚ちゃんの命をいただいてるのに脳を作らなくてどーする。

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?