朝ごはんに、たまご料理を。

〈朝ごはんに、たまご料理〉って、とてもオススメです。

たまごって、栄養価の割にひとつが安いし、

タンパク質もビタミンAも亜鉛も含まれるから、

朝に限らず、基本的にはALWAYSオススメなんですけどね。

まぁ、イノチの元ですしね。。。上前はねてごめん。

ホテルや旅館などでは、洋食でも和食でも

朝ご飯には、必ずたまご料理がついていたりしますし、

結構、世界共通にオススメ料理なのです。

たまご(鶏卵)を買う時のポイント

小さいもの、または、無選別のもの

エサについて明記しているもの

色は、そんなに気にしなくていいですよ。

エサによって、色が変わるだけです。

食べ方の注意事項

卵の白身は、生のまま食べるのは基本NGです。

まぁ絶対にNG!というよりは、

白身にはビオチン問題がありますので、

ハゲやすくなりますよ~~~っと。

忠告はしたからね~~~って感じです(笑)。

ハゲやすくなる問題とは

ビオチンとは、ビタミンB群のひとつですが、

これが欠乏すると出てくる症状に「脱毛」って、

食品成分表に書いてあるんです。

もうちょっと詳しく言うと、

卵の白身にはアビジンというたんぱく質があり、

生だと、ビオチンの吸収を阻害してしまうんですね。

つまり、生の白身を食べまくっていると、

ビオチンを含む食品に「卵」って書いてあるのに、

ビオチン欠乏症状のひとつである「脱毛」が目前に!(笑)

だから、和食なら温泉玉子とかね、

あれはめっちゃ理にかなっている食べ方です。

洋食なら、ポーチドエッグとか。

コレ、卵黄にはビオチンも含まれてるし、

気にしなくてもイイ説を唱える人もいるんですが、

たまごを食べる頻度によるかな~。

例えば、日本のマヨネーズは卵黄だけで作るんですが、

ロシアのマヨネーズって全卵で作るんですね。

なので、割と軽い風味(らしい)せいか、

アホみたいな量を食べるんですが、

その映像を見て思ったのは、

ロシア人ってハゲ率高くね? でした。

だって、その画面に映ってる人全員、ハゲてたんだもの(笑)。←

いや、本人がハゲを気にしないのならいいと思いますが、

でもまぁ・・・うん。

これからもモテたいなら、なるべく

卵の白身には、火を通したほうがいいんじゃないかな~と。

いや、ハゲててもステキな人も大勢いらっしゃいますよ。

第一印象でもモテたいなら、です(笑)。

女性もですよ。

特に、卵白を生のまま入れる生クリームは、

ハゲ注意報的な意味で(笑)、危ないよね。

といっても、私は生クリームがそもそも苦手なので、

そのバリエーションについては、あまり詳しくないです。

老けにくい生クリームの作り方も教えてもらったんだけど、

敢えては食べないから一回も作ってない(笑)。

生クリームは卵白を入れないでも作れますので、そちらをどうぞ。

もうひとつ言うなら、エサに含まれる抗生物質とか

まぁそういったエサの添加物的なものも、白身に溜まります。

なので、エサにもこだわった超・美味しい卵を買った時は、

たまには、卵ごはんもいいとは思いますが、、、

まぁ、なので、頻度とモノによりますよね。

一番いい〈たまご〉の食べ方は?

これは、ゆで玉子でしょうね。

栄養価を最大にして食べようと思うと、

ちょっと食べる時に、せっかくなら栄養価を最大にして

摂っていただくほうがいいので、

ちょい足したほうがいいアイテムはありますが、

温泉卵は、ちょっと面倒くさいし、もたないし。

ポーチドエッグも、その都度作るしかないですからね。

作り置きが出来るという意味でも、

やはり、ゆで玉子に軍配があがるかなと。

ただ、何よりもゆで玉子の難点は、

皮が剥きにくいものがあることでしょうかね。

茹で加減は、半熟でも固ゆででも、

白身に火が通っていればどちらでもお好みでどうぞ。

ご自宅のコンロの火加減で、このくらいだなっていう分数を

つかんでしまえば、そう難しい話ではないと思うので。

殻がむきやすいゆで玉子の作り方

① 茹でる前に、卵を水につけておく

② 水から茹でる

③ 沸騰したらお酢をちょっと入れる

④ お好きな固さになるまで茹でる

で、そのまま割とすぐに殻を剥くときはいいのだけど、

熱いですし、まぁ剥いちゃったらすぐ食べないとなので、

そのまま殻を剥かないでいると、どんどん中で乾燥して

殻と白身がくっついていきます。

そうすると剥きにくくなるんですよね。

なので、

⑤ 10分前くらいに、殻に傷をつけて水に漬けておいてから剥く

たまごの栄養価をフルにいかす食べ方

(今後更新予定)

たまご+たまご

(今後更新予定)

卵のお取り寄せ先

私は、基本的には、北海道の永光農園のと、eクラブのを併用してます。

北海道の永光農園の卵はとっても美味しいのですが、

送料がそれなりにかかるので、ご近所の何人かと、

ひと月に一回くらいかな・・・示し合わせて買っています。

通称「ご近所分け分け」(笑)。

まとめて頼んで、届くと「取りに来て~」って言えば、

翌日くらいまでにはみんなが家まで取りに来てくれる距離の

ご近所グループを絶賛運用中。

こだわりの調味料とかもね、

6本セットで送料無料って設定もよくあるので、

そんなんがあっという間にハケてくれるのでありがたし。

あ、話がズレました。

あとは、eクラブのとか、まぁその時にもよったりしますが、

揚げ物の衣の下地とかそういうのには、

ちょっともったいない時用のものも(笑)。

とはいえ、卵は、例え北海道から取り寄せても、

まとめて4~5軒で分けていると、そんなに割高感ないですし、

単価の割には栄養価も高く、

免疫力アップにもとてもイイ食材ですので、

ゆで卵を作っておいて、ちょっとアレンジして

子どものおやつに食べさせるのもオススメですよー!

免疫力アップについては、こちら

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、運も大事だよね!

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?