運気アップしたいなら、やらないほうがいいこと

運気アップ、したいですか?

したいですよね。

したくなくても、しておくにこしたことはないですよ。

疑問形を台無しにする一言(笑)

運気アップ自体は、そんなに難しいことではないです。

ただ、運気アップと同じく、運気がダウンする行為があります。

運気がダウンする行為とは?

相当運気がダウンする行為、それは「キャンセル」です。

他にもゴミのポイ捨てとか色々ありますが、

そんなことは、いい大人なんだから、

言われるまでもなくやってないだろうという前提です(笑)。

運気アップ関連だけではないですが、

特に、運気アップにつながるようなことは、

〈神さまとの約束〉ってことでもあるので、

「やる」って言ったのにやらないとか

「行く」って言ったのに行かないのは、

結果的に、神さまとの約束を破ったことになります。

もちろんキャンセルする事情はあるのだろうけど、

そこは多分、全然聞いてない。

そもそも申し開きをする機会もないですしね(笑)。

最多のキャンセル理由は、体調不良ですかね。

なので、まず基本は、キャンセルをしないような

ゆとりあるスケジューリングが大事。

気温差が激しい、体調を崩しやすい時に、

自分の体調管理の見積もりを甘くして、

予定を詰めすぎないように。

安易に、なんでも「行く/やる」って 言わないほうがいい。

ウッカリ忘れてた! でも、

仕事が入ってしまった! でも、一緒。

事情は何であれ、キャンセルは、キャンセルです。

仕事が理由ならいいだろーとか、

何日も前だからいいだろーとか、

申し込んですぐのキャンセルならいいだろーとか、

そんなん関係ないんです。

キャンセルは、キャンセル。

申し込んだのに、約束したのに、やっぱやーめた!ってこと。

運気アップの約束したのに、 受け取り拒否ってことです。

ね。これで運気アップってのは、客観的に見ても無理でしょう?

あくまで、現実優先。

とはいっても、お子さんの体調不良とか、

ご自身の体調不良とか、

どんなに気をつけていたってありますよ。

そんなん誰にだってあります。

なので、運気が多少下がっても大丈夫なくらい

日頃から運気ポイントをためておくことが大事。

あと、運気アッププログラムでお伝えする

キャンセルそのものを回避する方法もあるけれど、

まぁ、それはどうしても!って時のワザなので、

とりあえずは、

・日頃の運気アップのポイントをためておくこと

・気候にあった無理のないスケジューリング

で、ある程度は凌げるかと。

体調悪いのに「行く」と言っちゃったから、

神社へ行く! とか、お花買いする! とか、

そんな無理は、しなくていいです。

子どもの体調不良なんて、

どんなに気をつけていたってあります。

体調不良の子どもをほっぽってまで行くべきところなんて、

ないですよ。

現実8割・スピ2割は、鉄則です。

だから、日頃から運気ポイントを ためておくって大事。

あとは、そのポイントを使い切るほど、

日頃からお気軽にキャンセルをしまくらないってことも大事。

以前に、講座をやっていた時も、

せっかく申し込んだ講座をキャンセルするなんて

したくてする人はいないでしょうし、

そりゃ仕方ないよね~! と思うのですが、

その方の運気的には、非常にもったいないことしてるな~

とは思っていました。

私は、他者の〈決定〉には口を出さない主義なので、

その方がキャンセルするって決めたのなら、

それはその方の決定ですから、どうぞどうぞ~なのです。

そして、決めたことにわざわざ水をさすこともない

と思うので、敢えては言いませんでした。

私は、そんなに親切じゃないんです(笑)。

ただ、2020年からは、ますます “なんとなく” では

運気が上がりにくい時代です。

それなのに、下がるようなことばっかりしていると、

マイナスが上回ることもあるかもしれない。

とりあえず申し込んでおいてキャンセルすればいいや~

っていうのは、一種の行動グセでもあるので、

そこは今のうちに見直しておくといいですよ。

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、運も大事だよね!

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?