数字の形と意味

数字は、目にする日がないくらい私たちの生活に浸透しています。

逆に言えば、毎日毎日、繰り返し繰り返し、その影響を受けています。

数字は、人類最古のマジックとも言われていて、

その影響は、私たちが頭で考えているよりも大きいです。

まず、自分たちの都合のいいパワーになる書き方をして、

それを毎日目にするだけでも違いますよ。

【0】はあの世とこの世の融合。

たまごの形です。

ただ、閉じられた【0】ではとじこもってしまうので、

上を少しあけて書くとイイ。

そうすると、単体では意味を成さない【0】が、

この世の数字である1~9のパワーを増幅・拡大・凝縮させる本来の役割を果たします。

【1】の役割は、方向性を決めてスタートすること。

まず「決める」。

そして、決めた方向に対して具体的に一歩踏み出す。

それが【1】という数字の役割。

一本棒ではなく、土台と矢印がある【1】が、

地に足がついた状態で上昇する、本来のチカラを発揮する書き方。

例えば、下の棒がない書き方や矢印じゃない一本棒の【1】を毎日目にしていたら、

糸の切れた風船のようになるかもね。

だって、そういうマジックを、自分で自分にかけているのだから。

【2】の役割は、つなぐこと。

二極に分かれたものがモトはひとつだったことを思い出し、

お互いを認め、受け入れ、つながること。

陰陽太極図の境目ラインを表しますので、

そのイメージで書くと、【2】の数字のチカラを最大限に発揮する書き方になります。

【3】の役割は、その「存在感」と「躍動感」。

創造力・新たなエネルギー・子どもを表しますので、【3】というだけで、

ある種の期待感やワクワク感が生まれますよね。

たまごがパカッとあいた図柄が縦になったものです。

それをイメージして書いてください。

【4】の役割は、土台作り。

大地にどっしりと構える安定感を表し、基礎を固めたり、礎をつくる数字。

「固定・安定」を意味します。

1~9までの数字で【4】だけが、直線のみで閉じられた空間を表します。

上をあけて書いて、守りがスカスカにならないよう。

五芒星を象徴する【5】。

五芒星は、人間を表す記号として扱われ、魔術各種に使われていました。

【5】は「人間の持つ象徴」を大きく増幅・拡大します。

人体を表す数字ですから、上がつきぬけて頭でっかちにならないよう。

【6】は、全体のバランスをととのえる。

上向きの三角形と下向きの三角形でバランスよく構成される「六芒星」が、【6】本来の役割。

ニュートラルなエネルギーを持つ数字で、全体のバランスを整えます。

妊婦さんが赤ちゃんを宿している数字ですので、

丸は大きめにゆったりと書いてくださいね。

【7】は、完成・完全調和・自立の数。

その役割は、物事を自らのチカラで完成・完結させることにより、

周りとは違うこだわりの強い・独自のスタイルを貫くこと。

ただし、書き方によっては「死神の鎌」になるので、要注意。

【8】は、エネルギーを増幅・拡大させること。

無限大∞の記号が縦になったものですからそのままですね。

【0】と【8】の違いは、【8】のほうがより現実的であるということ。

物質的なパワーやエネルギーを増幅・拡大させる数字です。

【9】の役割は、全体をまとめるアンカー役。

次の新しい周期へのバトンをつなぐために、自らは犠牲になり、サポート役に回ること。

村一番の長老で知恵者のイメージです。

みんなに慕われ、つないでいく知恵者をイメージして【9】を書いてください。

もちろん、漢数字にもそれぞれ深い意味があって面白いですよ。

それはまた別の機会に。

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、運も大事だよね!

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?