お賽銭の意味と金額

神社参拝がブームとなって結構経ちますが、

お賽銭については、まだまだ疑問も多いようです。

ちなみに、お賽銭は必ずしも入れなきゃいけないわけではないです。

な~んていうと神社の方に怒られるかな?

なぜお賽銭をいれるのか?

「神社がなぜ鎮守の森に作られていったのか」

ということにも関係ありますが、

稲作と共に歩んできた日本人の歴史と神社は、

切っても切り離せないのです。

実り自体が神様のおかげなので、

大きな実りを与えてくださる神様に感謝し、

その年の初物(山の幸や海の幸や農作物など)を

お供えしたのがお賽銭のハジマリです。

という【実りへの感謝】なので、最初はお金ではなかったのです。

全ての参拝者が生産者ではなくなってきたこともあり、

また、収穫物を持ってきてお供えするのも大変ですから、

通貨の代わりとなる貝殻が使われた時代もあったりしつつ、

時が経つにつれ、初穂料→お賽銭に移行していきました。

ちなみに、賽銭の「賽」とは、神様へのお礼を意味します。

つまり「賽銭」とは、神様に感謝するときにもらっていただくお金。

なので、投げてはダメなのです。

以前、お賽銭は、

・白い小銭(1円or100円玉)

・赤い小銭(10円玉)

・わっかの小銭(5円or50円玉)の3種類を揃えるといい

と書いたのですが、諸説もあり、

必ずしも明確な決まりはありません。

そもそもがその年の初物とかでしたからね。

ただ、金額は決めておくことをおススメします。

神社参拝にご一緒した方には、

数秘的にコレがおススメだよ~という金額はお伝えしてますが、

必ずしもその金額じゃなくてもいいですし、

実際に私も、そのデイリー金額はその金額ですが(笑)、

特別な時は自分のお守りとなるような金額を入れていたり、

またお稲荷さんやお寺さんでは、そもそもちょっと違ったりしています。

実は、音が大事

投げてはいけませんが、「ちゃりーん!」という音が

結構なポイントです。

「ちゃりーん!」という音は、お祓いでもあり、

「自分が来ましたよ」という知らせにもなるから。

だから、鈴を鳴らして「自分が来ましたよ」と知らせられる神社では

お賽銭は必須ではなかったりもしますし、

合図だから、金額を決めておくことが大事なのです。

いつでも同じ金額でいいの?

初詣など特別な時には、お札(新札)を

白い袋に入れることがいいといわれています。

その場合は、表に「御礼(または初穂料)」と

「自分の名前(フルネーム)」、

裏には住所(市区町村くらいまででも可)を書いてくださいね。

ただ、 それなら正式にご祈祷をお願いしても

いいんじゃないかな~と思います。

そこまでじゃないけど、ちょっとした区切りや、エトの日参拝、

特別な時にはちょっと奮発しとこう! という時には、

生年月日から自分のお守りとなる金額を算出する方法もあります。

平成最後の企画として、Twitterでやりますので、

よろしければ企画にご参加くださいね。

メルマガでもご案内する予定です。

(2019年4月24日~30日開催のフォロワーさん限定企画)

令和の時代、私はこう生きていきます!

神さま、いつもありがとうございます!

令和の時代もよろしく! 神恩感謝!!

という初詣の時には、是非お使いください。

「ちゃりーん!」なので、言っても小銭の話ですし、

神社でのお参りというのは、

「本当の自分」に対する決意のあらわれでもあるので、

ここぞ!という時には、出し惜しみしなくてもいいかなと。

お賽銭を入れる時のルール

お賽銭を入れる時には、「自分は人間ですよ」をアピールするため、

手の平を上にして入れること。

サルのようにぎゅっと握ったままでは、人間だかサルだかわかりません。

人間からすると、結構違うと思うんですけどね…(^^;

そーでもないらしい。

また、

賽銭箱の正面には立たないことをおススメします。

まぁこれもその時の人の流れや設置場所などにもよるので

臨機応変な対応で全然問題はありませんが、

一応、拝殿の真ん中=光の道(=正中)なので。

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、運も大事だよね!

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?