理想の睡眠時間とは

睡眠時間、足りてますか?

多くの人が、足りていないと感じているのではないでしょうか。

おかしくないですか?

どんどん便利になっているはずなのに。

多くの人は、自分を過信している

日々のスケジュールをたてていますか?

その中で、あれもこれもやらなきゃって、タスクから計画していませんか?

そのスケジュールのたて方では、既に無理が生じているんです。

結論から言いますと、ヒトの集中力が持続するのは、

トータルで、最大でも1日6時間くらいです。

3~4時間集中していれば、優秀なレベルですし、

1回の集中持続時間は、平均30分程度です。

訓練してて最大2時間と言われています。

いうのは、生存本能的に集中力が持続しないように出来ているんです。

長時間集中していたら、後ろからガブリとやられていた!

な~んてことになっては、あっという間に絶滅しますから。

シゴトで6時間使い果たしていたら、そこで本日は終了。

なので、手持ちの集中可能時間の1日6時間をどう割り振るかが、ポイントです。

つまり、お勤めの方の場合は、勤務時間に6時間を使い切って、

更に家でも何かをやろう…ってのは、そもそもが無理ゲーです。

その場合、勤務時間の間の集中時間をなるべく減らさないと…ですね。

相当シゴトが出来る人です。

そもそも、どういう人生にしたいのか?

まず、あなたが新入社員なら、または、その会社に骨を埋める気なら、

その手持ちの6時間は、すべてその会社の勤務時間に使うことになるでしょう。

その会社がなくならないよう、頑張ってください。

もし、あなたが転職を考えているのなら、その手持ちの6時間は、

今の勤務先と、これからのために分配していく必要がありますね。

転職を考えるくらい、今の仕事で結果を出しているのであれば、

そもそも6時間も費やさなくても売上は出していると思いますし、

もし、結果を出せないから転職をしたいと思っているなら、

まずそこから見直したほうがいいですよ。

ハッキリ言えば、転職を考えるのは、結果を出してからです。

結果というと、営業とか利益が出る部署じゃないと分かりにくいか。

クビになるのは、「ウチの社風には合わないな」って、

会社側が判断しただけのことなので、

それはそれで「ハイ、次!」でいいと思いますが、

ご自身で、なんとなく「転職しようかな~」と思うのなら、

その職場で必要とされてからをおススメします。

ちなみにカラダを壊したら、即休むか、辞めるほうがいいです。

自覚なく、マッチングしていないということですから。

他にやりたいことがあって、それで稼ぐことができそうだから、

転職/独立をしたい! のであれば、

そもそも今の勤務先に、6時間も集中タイムを

使っている場合ではありませんし、

それを言ったら、なぜまだ今の職場にいるのか? から、

考えたほうがいいと思います。

睡眠時間で帳尻を合わせようとしない

「自分は、ショートスリーパーだから大丈夫っす」という方、

ショートスリーパーとロングスリーパーを合わせて全人口の2割弱。

世界で、ですよ。レアですよーーー!!

というわけで、ほぼウソです。

カラダがなんとかしてくれているだけです。

勘違いなさらぬよう。

8割の人は7~8時間の睡眠が必要な、

ミドルスリーパー=バリュアブルスリーパーと言われています。

やり方次第では、6時間までは圧縮可能とも言われていますし、

栄養やカラダ的な側面での効率化を相当実践できて、

行き届いていればもう少し減らせたりもしますが、

今から書くことよりも相当難しいです。

長時間寝られないのは、行き届いているからではなく、

材料不足なことがほとんどです 。

お酒を飲んでいたら、ほぼ「行き届いてるから」って理由は、ないです。

材料不足とはどういうことか?

ヒトの体は、寝ている間に、脳から修正指示が出て、

トンテンカンテンと〈不具合〉の修正工事に入ります。

寝ていないと、修正は後回しになり、修正指示が出ないままなのです。

で、修正指示が出ていても、工事に入れない場合があります。

それが、材料不足です。

寝ていても治らない、長く寝ていられないというのは、

材料不足におちいってる可能性が高いです。

それか、修正箇所が多すぎるかでしょうね。

脳は、生命維持を最優先しますから、生命を維持するのに

優先順位が高いところから修正指示を出します。

私たちが「ここ辛いから早く治してー!」と思ってるところからではないのです。

痛くても、下半身や腕先などのパーツに関しては、

たとえ切断することになっても、生命維持にはあまり影響がないので、

脳的には、修正は後回しです。

で、材料不足であれば、調理法や食習慣を改善するしかないところですね。

だから、〈何かしらの不具合〉があるのに、工事に入れないのであれば、

明日死なないためにカラダは〈なんとかしてくれる物質〉を、

そこに緊急配備します。

ちなみにこの場合の〈不具合〉って、肩こりとか髪染めも含まれますよ~。

生理痛や片頭痛とかもですねぇ。

首、肩、腰、歯などの痛みも、もちろん。

なので、睡眠時間を削って、カラダになんとかしてもらっている場合、

どんどんイザという時に必要な〈なんとかしてくれる物質〉を

日頃から使っていってしまうわけです。

細く長く働きたいのなら、早いうちに見直すことをおススメします。

なぜなら、後からは取り戻せないからーーーー!

ちなみに、〈なんとかしてくれる物質〉を使いすぎると、

多くの場合、待ってるのは〈糖尿病〉とかだったりします。

で、修正指示が入るのが、23時3時です。

でもって、寝に入ってすぐにその修正指示が受け取れるわけではないので、

理想は、修正指示が入る1時間前に寝ること。

で、修正指示後、1時間くらいは工事をしてもらいたいですよね。

だから、22時には寝てーーー! という話になり、

4時まで寝られないのは、材料不足で修正しきれてないな… となります。

で、22時~4時まで寝ていたら、つまり6時間睡眠ですよね。

最大効率で6時間睡眠っていうのは、あながち間違ってはいないことに。

もちろん個人差もありますし、出来る日と出来ない日があるかとは思います。

赤ちゃんがいたら、その時期はもうしょうがないですし、

でも、その時期は大丈夫だったり。

ただ、まず大事なことは、

22時には寝られるスケジュールをたててみるということです。

で、そのためには、21時にはお風呂に入りたいですよね。

(ちなみに、お風呂に入るもっとも理想的な時間帯は、夕方です)

21時にお風呂に入るなら、食事は20時くらいに終わらせたい。

となると、19時くらいには夕食タイムに入りたいですよね。

となると、18時まで働いているお勤めの方は、

通勤時間と作る時間を合わせてみて… となっていきます(^^;

誰かが作ってくれたり、家から会社が近ければ有利ですね。

だから、年次が上がる=年を取ると、会社から家が近くなり、

どんどんさっさと帰れ!という話にならないと、

時間で拘束する企業中心の社会の仕組み下であるなら、

話がそもそもおかしいんですけどね。

まぁだから、勤務時間が9時~17時っていうのは、

意外と理にかなっているんです。

というか、本来は、そこがデッドラインであるはずというか(^^;

早く寝るなんて、無理!

だいたい、みなさんこうおっしゃいます。

「そんなん、無理だ!」と。

でしょうね。

自分で100%の時間管理が出来る私ですらも、

頭ではわかっていても、なかなか難しいですもの。

ましてや、お勤めしていたら、そりゃあ難しいでしょう。

理想を言ったら、社会の仕組みから変革しなきゃならないことになります。

仕組みそのものを、まず疑問に思ったほうがいいですよ。

だって、どんどん便利な商品が出てきているのに、

最低限必要な睡眠時間の6時間すら平常的に確保できないって、

おかしくないですか?

でも、やろうとするか、しないかだけでも、違います。

自分のスケジューリングが適切なのかどうかを、

知るか知らないままでいるかでも、違います。

毎日は無理でも、一週間に一回でも修正できたかどうか、

自分のカラダに、相当な無理を強いてるかどうかの、

自覚はしたほうがいいです。

その上で、なるべく健康でいたいなら、適切に寝ることをおススメはします。

ただ、自分のカラダよりも大事なものがあるのなら、

今は無理をしてもいいと思います。

多少無理をしたって、やらなきゃならないことだってありますよ。

無理をし続ければ、いずれツケを払うことにはなるでしょうが、

それはそれで、ご自身で考えて選んだのなら、それでいいと思います。

その日、その時に、ご自身が何を一番優先するかの話です。

NOTゲーマーの私には、まったく気持ちがわかりませんが、

睡眠時間よりも、健康でいることよりも、ゲームが大事!なら、

それもアリですよ。個人の価値観の問題ですから。

何も考えてなくて、とか、他に流されたままはおススメしませんが、

考えられないのなら、脳が作れてのないかもね…の、『自己責任』で、

自分で考えて選んだのなら、それも『自己責任』です。

要は、すべて『自己責任』なんですよね。

なので、やってみようと思ったら、タスクから考えていては無理です。

19時からは夕飯タイム。まずここを決めてしまいましょう。

で、やり残したことがあろうがなかろうが、22時に寝てみる。

やり残したことがあれば、朝4時からやればいいんです。

それで終わらないなら、過負荷ですよ。

他人に振るか、オートメーション化を考えたほうがいい。

で、22時に寝ても4時に起きることが出来ない場合は、

起きなくてもいいんじゃないですかね。

起きたくなったら起きれば。

平均が6時間というだけで、個人差もありますし、

その人の今の状況によっても必要睡眠時間は変わります。

超元気!って時と、具合が悪い時は、そりゃ違うでしょう。

あと、我が家の場合がそうなのですが、

朝食は各々が、食べたいものを各自作るというスタイルなので、

朝4時~7時くらいまではキッチンとダイニングが渋滞してるんです(笑)。

だから、早く起きても人口密度が高くて二度寝することもありますが、

その環境のほうが心地良さが上なら、それはそれでいいんじゃないですかね。

分かっている上で、自分で選んでいることならば。

まず、22時に寝てみることですよ。

その後のことは、その後。

女性脳限定ですけど、使える飛び道具もありますしね。

いずれにしても、ちゃんと考えて、選ぶ。

そして、選んだ後は、後悔しないように。

睡眠時間が少ないのは、何の自慢にもなりはしません。

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、運も大事だよね!

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?