家事代行(掃除)、頼んでみました


もちろん〈生活術〉を教える以上、

やれば、標準以上の掃除能力はあるんですが、

ワタクシはキレイ好きの掃除嫌いでして、極力やりたくはない。

極力やらないで済むための仕組みづくりが、好きです。

 

そして、11月&12月は忙しすぎました。12/31までシゴトしてたし。

 

華麗に “見て見ぬフリ” をしていた結果、

我が家は「いい加減、他力を借りよう!」という段階に突入しました。

 

そして、そう思い至ったのにはもうひとつ理由があり、

一刻でも早いうちに

依頼(アウトソーシング)慣れをしておきたいと思って。

 

なんか、ありません?

“掃除は住人がするもの” 的な概念。

 

でも、当然、親も老いる。

見えなくなるし、届かなくなるし、

かがむと、やれ腰が痛いだの、膝が痛いだの。

 

で、届かないところが出てきたり、どんどん表面的にしかやらなくなり、

結果、汚れが落としきれなかったり、ホコリがたまったり、

そのホコリの上に、菌やウイルスのコロニーが発生していそうだったり。

 

となるともう〈見ざる言わざる聞かざるの境地〉しかなくなります。

(下手に言うと、”ならアンタがやんなさいよ砲” が飛んでくるから)

 

現実的に、若い時と同じ能力を維持するのは、無理です。

  

更に、無理して、足腰を痛めたりしたら?

足腰を痛めたら、日常生活にも支障をきたしますよね。

病院通いとかするの?

治癒力も落ちてるから、通院期間も長くなるだろうし、治療費もかかる。

怪我してるから、送り迎え必要ですよね?

誰が送り迎えをするの?

もし、総合病院に通って、待合所や受付で

今、流行しているらしいインフルエンザとかをお持ち帰りになったら?

トータルでみたら、結構なリスクですよ。

 

そして、私は(親が怪我したところで治療費を払うわけではないにしろ)

医療費に消えるよりも、日頃使うところをキレイに掃除をしてもらうことに

お支払いするほうが、全然いい。 

 

でも、〈他力を借りる〉って、

実は〈アウトソーシング慣れ〉をしてないと、いちいち躊躇してしまう。

日本人女性は能力が高いので、

〈やってやれないことはない〉ことが多い。

やれてしまうから、掃除代行なんかは、特に躊躇してしまうのでしょう。

 

私ですら「頼もう!」と思ってから、

実際に頼むまでは、結構タイムラグがありました。

まぁ年末年始をはさんだというのもありますが(笑)。

 

でも、

トイレやお風呂場がキレイになって、病気や怪我のリスクが減って、

〈他力を借りる〉ことに抵抗がなくなるなんて、すばらしくない!?

という大義名分に、自分で納得したところで(笑)、

家事代行(掃除)を頼んでみることに。

  

  

それと、親世代(団塊世代)にとって

一番のハードルは【申し込み】じゃないですかね?

基本、どこでもネット申込み&メールやり取りですからね。

それだけでも結構な申込みハードルな気がします。

 

私は電話のほうがイヤだけど。←大の電話嫌いなので

だから、掃除代行を依頼することも、立派な親孝行デスヨ!!

 

そして、”掃除は住人がやるもの” 的な、昭和の心理ハードル。

このハードルの乗り越えは、なるべく早く、

ちょっとでも若いほうが柔軟性があって、きっといい。

そして、大事なのは〈誰がやるか〉ではなく、

〈菌やウイルスの発生源になりそうなところは、清潔であることが大事〉

おうちに受験生がいる方は、

実はよくある〈家内感染〉では、目も当てられませんからね。

 

 

そうそう。前日になって、案の定すぎる母の〈ムダな見栄〉が炸裂しました。

「お掃除の人がくるなら片づけなくちゃ!」ってヤツです。

自力でキレイにするのが面倒だから、来てもらうんじゃい。

 

後述しますが、もちろん出来る整理はしておいたほうがいいです。

 

ただ、母にそれを言われた瞬間、

〈アウトソーシング慣れは、しておいたほうがいい〉と強く思いました。

 

このままじゃ震災とかあったら、

「ボランティアの人に来てもらうのに、少しでも片づけておかないと!」

とか言い出しかねない。

 

順序、逆だから。

 

 

まず、どこの誰に頼むか?

 

私は、グーグル先生に聞きました。

友人が家事代行を頼んでいることは知ってるんですが、

確か個人で依頼してるから、

紹介してもらって、変に横のつながりが出来るのもな~と思って、

ネットで「家事代行 掃除」で、検索。

で、まぁ自分の家がエリア内かどうかというのもありますが、

比較サイト(https://kajifull.com/column/compare/)を見て、

評判と金額のバランスがよさそうだった「CaSy(カジー)」に決定。

ちなみに、こちらからの会員登録だと、1,000円オフのクーポン付きますよ♪

https://casy.co.jp/invite/RV6Ly

・創業から4年経ち、ある程度組織全体としてノウハウが溜まっている

・ネットだけで、申し込みから当日まで完結できる

・会社で雇っているので、スタッフ教育を受けているだろう

というのが決め手です。

あとは、個人的には、目黒に本社がある株式会社だったり、

経営は男性で、派遣してくれるのは女性だったりすることや、

雇用されてる方の時給と、

利用時お支払い額が乖離しすぎてないことも確認しました。

働いてくれる方のモチベーションも大事なので。

どこをお願いする?(掃除依頼箇所と時間)

 

ちなみに、ウチはトイレ2つと、一階の廊下(父リクエスト)と、

お風呂場の拭き掃除をしてもらいたかったので、

「1回だけ利用」で、2時間お願いしました。

 

 

申し込みをしたら、当日までにやることは?

 

申し込みを完了して、日時調整のやりとりをして、

来てくださるキャストの方が決定すると、

「このアイテムをご用意ください」というメッセージが出ます。

予約確定しなくても見られるけど(笑)。

https://casy.co.jp/flow/cleaning/starter

なので、言われた通り、それらを当日までに用意しました。

基本的な掃除用具ばかりなので、ほとんどのものは家にありましたけどね。

 

(依頼日前日にマイクロファイバータオルがAmazonから届いたのは内緒です)

 

ちなみに、レックの株主だと株主優待品で送られてくるらしい。

 

 

依頼日当日の流れ

 

13:00~15:00枠で、おひとりの方にお願いしていたところ、

12:50頃にスリッパ持参でいらして、掃除箇所の確認、

エプロンなどを装着したり・・・で、13時きっかりにスタート。

言い忘れキケン!な方は、この時点で、メモって渡すほうがいいかもしれません。

私はメモるのは面倒くさかったので、ざっくりお伝え(笑)。

ただ、日頃そのお風呂やトイレを使っているわけではないので、

気になっているポイントがあったら、

あらかじめ言ってあげるほうが全然親切です。

特に、トイレに座った時や浴槽に座った時の感覚や目線は、

日頃、使っている者にしかわかりませんから。

これは依頼慣れしていくうちに、

どんどんブラッシュアップしたい、こちら側のスキル。

 

 

各所の所要時間は?

 

もちろん、サイズや汚れ度によるとは思いますが、

1階のトイレと、廊下をやっていただいたのが、40分間くらいかな。

多分、配分的には、トイレが30分くらいで、

廊下は掃除機だけですから、10分くらいかと。

 

で、2階のトイレが30分くらいで、お風呂が45分くらいで、

最終的な後片付けがちょっとかな。ざっくりとしてますが。

お風呂は去年、不動産業者御用達な本気なお掃除クリーニングをお願いして、

その後はずっと対流を生み出しながらの24時間換気扇作戦を展開中なので、

カビ取りとかはまぁいっかーって感じで(ナイとは言わないが)、

今回は、全体的なこすり・拭き上げをお願いしました。

日頃スポンジ的なもので、なでるだけだからね・・・(^^;

 

 

依頼前にやっておくといいことは?

 

掃除箇所によっては、結構置いてあるものが多いと、

一回どかして掃除して戻して・・・となるので、

事前に片づけておくというよりは、

もともと置いてあるものが少ないと、

より効率よくやってもらいやすい気はします。

というわけで、こんなツイートも(笑)。

赤ちゃんがいるリビングとかは、それどころじゃないだろうけれど。

 

 

そして、依頼タイム終了

 

最終的なお片付けを終えて、15時になりました。

お支払いは、予約の時にクレジットカードで済ませているので、

ほぼ時間通りに終了して、さくさくっと撤収していかれました。

 

 

感想

 

私の感想は、こんな感じ(笑)。

女性にやってもらうのは、母的にもよかったようです。

ただ、母はド近眼なので(未だに老眼でもない団塊世代)、

細かいところはよく見えないっぽい(おい)。

母の鈍感力は、ある意味すごい。

でもまぁ母が出かけている間にキレイにしておいてくれて、

本人の懐も痛んでませんので(笑)、不満はない模様。

 

ちなみに、父のほうが、より満足気でした(笑)。

今も、割と上機嫌でお風呂に入りに来ました。

父は視力2.0なので、色々見えて気になっていたのでしょう。

が、自分ではやりたくないし、

かといって1階のトイレは父か弟が使うことがほとんどなので、

(あとよっぽどせっぱつまった時の母)

私や母には頼みづらかったんでしょうね。

まぁ私は、頼まれても断ります(笑)。

全力で、 CaSy(カジー) のお申込みボタンをポチッ! ですよ。

 

そうそう、家主がトイレを掃除すると、とっても金運アップです。

が、まぁ、そう言ってもやらんだろうなァ。

謎の「流せるマジッ〇リン」的なものが増えていくだけで。

 

家事代行サービスの「CaSy(カジー)」は、

私の紹介コードを使ってもらうと、1,000円オフになりますし、

私のところにも1,000円オフ券がくるようなので、

1,000円オフ券を使って定期サービスにして、

親をどんどん慣れさせていきたい今日この頃。

私は、初回は2時間で6,100円でしたが、

初回でも1,000円オフのクーポンを使えるから、2時間で5,100円ですからね。

私も、そこから月1回ペースでも定期利用になると、

確実に2時間5,000円を切ってくるな✨

というわけで、

「私もやってみよう」と思う方は、是非こちらからどうぞ(笑)。

https://casy.co.jp/invite/RV6Ly

このページ(↑)からの会員登録するか、

お申込み時にクーポンコード「RV6Ly」を入力していただくと、

1,000円オフになるそうです!

 

 

今後、超高齢化社会になることも考えると、

“家のことは住人がやるもの” という謎の固定概念がある方は、

ドカドカ壊していくといいと思います。

今後ますます、世話する方も、世話される方も高齢化するってことですからね。

 

年を重ねて、無理がでて、掃除が及ばず、汚部屋→ゴミ屋敷になるより、

年を重ねて、無理が出て、掃除の時に怪我→病院通いになるより、

少しずつでも今から家事代行を頼んだほうが、よっっっぽどマシですよ。

そもそも「え? なんで住人がやらなきゃならんの?」って感じですし。

 

そして多くの方は、1時間2,000円強の費用が捻出できないのではなく、

ハードルの大部分は〈自分でやれば出来ることを依頼するのはなぁ…〉という、

心理部分かと思います。

 

でもね、ストレスはプライスレスの負荷・・・

超絶ビタミンCのムダ遣い。

ビタミンC不足は、色々ヤバいです。万病のモトです。

 

それから、ご自宅に居ながら雇用を発生させるのは、

主婦でも社会貢献! にもなりますよ。

 

私は、ヒトが得意なところで能力を発揮できる社会がいい。

私が嫌いなことを、苦もなくやってくれる方がいるのは、神!

って感じなので、今後もありがたくポチッとさせて頂きます。 

私は、私の得意なことをやる!

まずは、最近とりかかっているnoteづくりから…

この売上で、次回以降のお掃除代も捻出しようかな。

別におひとり分で捻出するわけじゃないですから、ご心配なく(笑)。

 


 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、運も大事だよね!

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?