通信アイテムのリスクヘッジ


昨日(2018/12/6)の午後、ソフトバンクで通信障害が起きて、

困惑した方が多かったようです。

日頃、相当依存してますものね。

水星逆行の最後っぺといえばそうかもしれませんが、

この規模のトラブルは、なかなか個人では防げませんよね。

 

 

遅すぎるスマホデビュー

 

そうそう。ワタクシ、長年docomoのガラケー1本できましたが、

今年の夏、ついにスマホデビューしておりました。

 

夏に、時間があったのでふと立ち寄った四日市のビックカメラで、

あれ? docomoのパケホより、本体付き格安スマホの方が

月額支払い金額安くない!? と、思いまして。

ガラケーで問題なかったのは、TwitterやFacebookと

バスナビや乗換案内を見る程度の使い方なので

(都内の路線図はアタマに入ってるから時間だけでいいし)

そもそもそれならデータ専用スマホ機でもいいよね? と。

・・・あれ? 発想、逆!?

 

ただ、もし何かdocomoで回線トラブルがあった時に、

全てをdocomo系列にしてしまうと、ガラケーも

スマホも使えなくなるということが起こりかねないので、

ソフトバンクのことはあまり信用してませんが(笑)、

ワイモバイルにしました。

一応、選択肢としては格安スマホ使いってのはしばらくありましたので、

下調べをしていないわけではなかったですが、その場のノリで決定(笑)。

 

ガラケーはもちろんdocomoのまま。

で、パケホ(月額4,000円くらいのヤツ)を解約して、

パケホーダイ・ダブルという、あまり使わない月は月額372円、

使ったら4,200円というプランに。

・・・そしたら半年の間、372円以上払ったことないんじゃないかな。

で、スマホは今のところ本体込で月額3,000円弱くらいみたいなので、

1,000円くらいの節約にはなっているのかな!? ←適当

 

さすがにスマホを持っててガラケーの方を使うということは、

電話をする用途以外には、登場シーンもなく。

まぁそもそも災害時にでも使うことになるかもな~

その時にガラケーが一番復旧が早かったら使って、

その後に多額請求きたらイヤだ・・・という保険のつもりでしたが、

昨日外出していたら、状況を掴むためにTwitterにアクセスして、

4,200円が発動していたかも!?

 

 

情報は知っておくことにこしたことはない

 

基本的に『状況が分からない!』というのがイヤなので、

パケットオーバーするかどうかは、状況がわかるまで

どのくらいかかるかによるかもしれませんね。

しかし、たった一社の午後だけの通信障害で、

これだけ混乱するんだから日頃どれだけ依存しているのか、

そして、キャリア問わず、電波そのものが使えなくなったら

どうなるんでしょうね~(^^;

 

あまり依存しないようにしましょう!

というつもりは、ないです。

寝る前のスマホは、副交感神経のためにおススメしませんが、

やっぱり知っておくといい方が多いことも多いし、

知って、どうするのか?

知って、何かするのか。何もしないのか。

その選択の自由さえ確保していれば、知るにこしたことはないと思います。

人は、知らないことからは選べませんから。

情報が悪いのではなく、デバイスが悪いのでもなく、

それらをどう使うのかが、その人の力量の問題ですから。

ただ、その情報を使いこなすのには経験が必要で、

今の若い子は経験よりも先に情報があるので不利だろうな・・・

とは、思いますけどね。

 

私は、見かけによらず超アナログ人間です。

PCは使いますけど、スマホも、ないならないで別に・・・って感じだし。

ただ、いざという時ほど、情報の価値は上がりますから、

リスクヘッジは、いくつか考えておいた方がいいかもしれないですね。

 

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

 

年中忙しくて体調なんか壊していられない方へ向けて、

不調になりにくい体を手に入れる

「季節ごとに食べておい方がいい」食べ物や

「気を付けておいた方がいい」情報などが、

あなたのスマホにタイムリーに届くメルマガをどうぞ!

多忙なビジネスパーソンや主婦の方にも好評です。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?