旅先での困った! 急に寒くなった時の対策法5つ


今年の冬は暖冬予報になっていますが、

朝晩の気温差は激しいですし、油断していると

「思っていたより寒かった!」ということがありますよね。

また、日本は縦長の国ですので、移動が多いと気温変動も激しく、

その日や時間によっても気温変動が激しいですから、大変。

また、やはり旅行では極力荷物を減らしたくなりますから、

薄着シフトによりがちですよね。

どうしても寒かったら「どっかで買えばいいさ~」と思ってはいても

実際はなかなか買えなかったりもしますし(笑)。

 

基本的なポイントは、冷えきってしまってから温めるよりも、

冷やしすぎないうちに対処することです。

 

 

カイロ的なものを1枚貼る

 

直貼りは厳禁です。

お腹側は皮膚が柔らかすぎるので論外なんですが、

背中側でも動きが多く、皮膚を傷つけるようなところはキケンです。

最近はコンビニなどでも貼るタイプが1個から売っていますので、

サッと買って【肩甲骨と肩甲骨の間】へどうぞ。

 

 

足湯をする

 

これはお風呂あがりにすっかり冷えちゃったよ!という時にも有効です。

足首までしっかり浸かってくださいね。

と言っても、私はお湯を用意するのが面倒くさいので、

そういう時にはシレっと【ドライヤー】で代用します(笑)。

というか、割と日々ドライヤーで代用しています(笑)。

 

 

 

太ももを冷やさない

 

太もも前面には筋肉が一番イッパイあります。

ここを冷やさなければ、温まり出すのも早いですよ。

 

 

スパイスを食べる

 

私が言っても説得力がないのは重々承知ですが、

ピリ辛程度がおススメかな、と思います。

いや、私がピリ辛と思うものが、他の人にとっては

結構な辛口らしいというだけです。

ので、そこは個人差があるとは思いますが、本人基準の「ピリ辛」で。

辛いのが苦手という方は、チャイなどもアリですよ。

 

 

夕飯後にバニラアイスをヒトクチ【裏技】

 

夕飯を食べるとカラダがあたたまりますよね。

その後、体温を下げようとしたカラダに「ちょっと待ったぁ!」と

冷たいものを放り込んで「あれ、このまま体温下げたらヤバイんじゃ?」

と思わせればOK。だからヒトクチ程度でいいですよ。

※ アイスを食べる時のポイントはこちら

 

 

今日は寒くなるかも!ということがあらかじめわかっていたら

また別の方法もありますが、

今回は旅先でも出来るようなものをまとめてみました。

 

 

これらのことそれぞれについて、

詳しくは今週のメルマガに書きましたので、

よろしければ合わせてお読みください。

 

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

 

年中忙しくて体調なんか壊していられない方へ向けて、

不調になりにくい体を手に入れる

「季節ごとに食べておい方がいい」食べ物や

「気を付けておいた方がいい」情報などが、

あなたのスマホにタイムリーに届くメルマガをどうぞ!

多忙なビジネスパーソンや主婦の方にも好評です。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?