ホテルに泊まる時にやった方がいい体調管理のポイント5つ


私は、いきなりオリジナル講座を始めたこともありますし、

協会などに所属をしたこともないので、割と一匹狼ですが、

それでも青山華子さんの主宰する『先生相談室』という

オンラインコミュニティに在籍していたりして、

多くの講師業の方と交流させて頂いております。

 

本当にフットワークの軽い方が多くて、

みなさま全国津々浦々飛び回っておられますが

荷物をいっぱい持って行って、ホテルに泊まって、

翌日講義ということも多いかと。

そして、この交通機関が乱れがちなこのご時世は、

前乗り正解でしょう!という気もしますが…

 

ただ、旅先では環境も変わりますし、急な気温変化もありますし、

そもそもホテルは、そんなに空気がいいわけじゃないですからね。

 

そんな時にノドを痛めてしまっては、講義がツライことに。

 

起きたら声が出なかった! という場合は、もう専門の病院へ行って

声が出るように対処してもらうしかありませんが、

予防策をいくつか講じておけば『万全』とまではいかなくても

さし障りなく講義が出来るかと…!

 

そして、無事に講義を終えて、おウチに帰ったら、

どうぞゆっくり体調を整えてください。

 

受験生の方も、ホテルに泊まって受験の場合、

この辺りの対策は必須ですね!

 

 

のど飴をなめる

 

唾液は強いですよ。唾液を出したいので、ガムでも構いません。

そこまで状態が危うくなければ、お好きなものでよいかと。

私は、あらかじめ買っておくなら、バッチ先生のかな。

 

 

ただ、私は日頃はお茶やお水をマメに飲んでいるので、

飴やガムの買い置きはしないので(気が付いたら溶けてるんですもの)、

現地で、もしちょっとでも「これはヤバイな…」と思ったら、

どこでも買えるというポイントでのチョイスなら『龍角散のど飴』ですかね。

 

これはついでに『口呼吸封じ』でもあります。

口呼吸が万病のモトでもありますから。

菌やウイルスは湿気が大好きですから、湿ってる口や鼻を狙ってきます。

鼻は、鼻毛がなんとかしてくれますが、口が無防備だとヤバイです。

かといって、口の中はカラカラの状態にはなりませんから、

ならば唾液を増やして、入ってきたものを片っ端からなんとかしてもらいましょ!

 

 

寝る前にお香をたく

 

暗くなると、菌たちは元気になります。

なので、一番活動的になるのは夜中。

そして、一番多いのは、空中落下細菌といって天井から落ちてくる菌。

つまり、寝ている時に色々降ってくるわけです。

だからといって灯りをつけっぱなしで寝るのは、NGですからね~!

そして、寝ている時は無防備になりますから、先程の『口呼吸封じ』が使えません。

なので、寝る前に空中落下細菌たちに、ケムリをつけて重さで落としておきたいのです。

そして寝る前にばさっと布団の上をはらえば、

彼らに自分たちでベッド上まで浮き上がる力はそんなにありません。

 

蚊取り線香も、蚊を殺すのではなく、

蚊の羽根にケムリをつけて重さで落とすのです。

CMのイメージ図をよく思い出してみてください。

 

よく「お香をたいてー」と伝えると、

「蚊取り線香じゃダメですか?」と聞かれますが、

蚊取り線香は、天井にはケムリが届きません。必要ないから。

人の身長プラスアルファに寄ってくる蚊を落とすことが主目的ですから、

ちょっとケムリを重くしているんですね。

なので、天井まではケムリが届きません。

 

お線香自体は、お気に入りのものでいいかと思いますが、

ケムリの少ないタイプや蚊取り線香では、目的には合っていませんので

空中落下細菌をなんとかしたいのであれば、おススメしません。

 

 

また、私がお香を持って行く時には、折れないように

こういう香筒にお気に入りの線香を入れて持って行きます。

 

https://shop.kungyokudo.co.jp/products/detail.php?product_id=204

薫玉堂の香筒は、フタに立てられるので便利!

 

 

問題は、私は喫煙者ではないので、

ライターをしょっちゅー持って行き忘れることです。

というか、ほぼ100%忘れます。で、ホテルで借ります。

結構貸してくれるものなんですね(笑)。マッチなことも多いですけど。

というわけで、最近こういうアイテムを導入しました。

 

 

一説によると、これだと飛行機も大丈夫とのことです。

飛行機旅を全然しないから、実証はしてないですが。

 

旅用に別に買わないと、それはそれで忘れそうな気もしますけどね。ハハッ。←

まぁこれもKITTEの薫玉堂さんで使ってていいなーと思って買ったので、

香筒を見に行きがてら、こちらもチェックしてみては?(笑)

 

 

アロマの殺菌力を使う

 

ただし、よくある加湿は、正直難易度が高いです。

菌やウイルスは水分が大好きですから。

なので、私はこういう水なしで使えるアイテムを愛用しています。

 

 

アロマの先生経由で買ってたから商品名がわからない…

ちっちゃくて軽くて便利なんですが、まだ売ってるのかなー?

 

10.12追記)先生に聞いて、発見しました!

内部分解までして細かいパーツまでしっかり洗うような

マメなメンテナンスが出来る性格ではないので、

水(蒸気)を使うタイプは、私には無理です。

 

この星型のパッドにアロマオイルを垂らしてスイッチオンすると、

10分くらいファンが回ってくれます(タイマー付)。

 

なので、私はどんなプチ旅行だろうと、

必ずお香とミニファンとアロマオイルを2~3本程度持っていきます。

 

 

月のサイクルにもよって持って行った方がいい精油は違うので、

何をチョイスするかは、時期にはよりますが…

 

着いたらすぐに、精油をトイレや排水溝に垂らします。

そしてこのファンで、外から持ち込んだものにアロマの風をあてて殺菌します。

なんだかんだ、私たちが外から持ち込むものが一番多いですから。

 

 

朝ごはんのチョイスは、オレンジジュース

 

基本的に自分のカラダを治すのは、自分です。

そのサポートになるのは、ビタミンCです。

朝ごはん付の宿泊プランでしたら、やはりオレンジジュースがおススメ。

ホテルの朝食でしたらストレートでしょうしね。

まぁ私の場合は、グレープフルーツジュースを混ぜたり、

紅茶のところからレモンを拝借して入れたりもします。

調子が悪ければ、固形物はやめておくといいですよ。

 

 

最終的なお助けアイテムはコレ

 

 

一応これは、持っていきます。

飴と違って溶けないし、何があるかわからないし。

ナイトタイプでもデイタイプでも、お好みでどうぞ。

気分で選んでよいのではないかな? と。

先程も書きましたが、寝ている間は無防備になります。

起きている間は口呼吸をしないよう気を付けていても、寝ている間までは気を付けられません。

なので、ホテルなどで前泊して翌日講義という場合には、

私の場合は、寝る前にシュっとスプレーしてから寝ます。

家だとローハニーとかも使えるんですが、あまり旅先には持って行きたくないので。

 

 

まとめ

 

空間のケアは、ホテルに限らずやるといいですし、

ホテルでもすぐに取り入れられるので、簡単に出来る対策としておススメです。

お気に入りの香りが漂う空間は、リラックス出来ますしね。

 

ただ、本来は空間に左右されないくらい免疫力が高ければいいし、

食べたものがカラダを作りますから、

そもそも不調にならないような食生活が出来ていればもっといいですよね。

それは一朝一夕では出来ませんので、今回は書きませんでしたが、

是非、本質的な改善で、不調になりにくい体を手に入れてください。

 

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

 

年中忙しくて体調なんか壊していられない方へ向けて、

不調になりにくい体を手に入れる

「季節ごとに食べておい方がいい」食べ物や

「気を付けておいた方がいい」情報などが、

あなたのスマホにタイムリーに届くメルマガをどうぞ!

多忙なビジネスパーソンや主婦の方にも好評です。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?