パジャマの選び方 ~色・形・素材~


パジャマ、着て寝ていますか?

寝心地が結構変わりますので、大事ですよ~!

厳密には「パジャマ」と名がつくものでなくともよいのですが、

睡眠時に着ることを前提にデザインされたものがおススメです。

脇の縫いシロなどは、起きている時には大して意識していなくても

寝ている時には、カラダは結構気になっているようです。

 

先日、夜中の台風襲来時に「コットンのパジャマでは寝ない方がいいよー」と投稿したら、

反応があったので、まとめますね。

 

 

パジャマの色は何色がいい?

 

お好きな色でいいのですが、弱い臓器があればそれを補完する色がおススメです。

例えば、、、

 

  • 肝臓や胆のうが弱い方は「青」
  • 心臓や小腸が弱い方は「赤」
  • 脾臓や胃が弱い方は「黄色」
  • 肺や大腸が弱い方は「白」
  • 腎臓や膀胱が弱い方は「黒」

 

のように。五行の考え方ですね。

 

寝る時に「赤」って落ち着かなくない!? と思われるかもしれませんが、

なにもビビッドな色を着なくてもいいですから。

 

ただ、色のチカラは特にカラダへの影響が大きく、

パジャマは面積も広いですから、特に入院時などは乗っかるといいですよ。

 

特に好きな色も「弱い臓器はない」という方におススメな万能色は、

シャンパンゴールドやシルバー、エメラルドグリーンです。

 

 

パジャマの形はどんなのがいい?

 

ご自宅で着る分には、カタチもお好みでよいですが、

入院時の指定は、前開きのタイプです。

特にこだわりがなければ、前開きのデザインがいいかもしれないですね。

お気に入りのものが既にあれば、それでも。

 

昨今は寝ている時に災害がくる可能性も高いので、

ある程度そのまま外にも出られるデザインのものの方がいいかもしれません。

夜中に災害があった場合は、周囲も同じ状況ですから

「着のみ着のまま飛び出した」という事が伝わるのは構わないと思いますが、

避難の際に邪魔になるようなフリフリのものは避けた方がいいかも。

 

 

パジャマの素材はどんなものがいい?

 

特に、夜中に大雨がくるかも~という時などには、コットンはおススメしません。

流行のオーガニックコットンであっても同じです。

というのは、コットン(綿)は乾きにくいから です。

コットンの生地が水を含んでしまえば、なかなか乾きません。

夏であっても、その間に体温が奪われてしまいます。

 

来るとわかっている大雨予報時じゃなくても、

例えば地震の時などに避難して汗をかくようなことがあれば、

コットンは、あまりその時に着ていたくはない素材です。

 

天然素材にこだわるなら、やはりシルクが一番おススメです。

日常的なことなので、洗濯可能なものを選ぶようにしてくださいね。

ダブルガーゼもいいですね。とにかく乾きやすいことが、

高温多湿の国、日本では大事です。

化繊でも問題なし!という肌質の方は、お好きな肌触りのものでよいかと。

 

 

いちいちパジャマに着替えるのは面倒くさい!という方もいるかもしれませんが、

西洋では上流階級になればなるほど、生活の中で着替えの回数が多いです。

それが能力にもつながりますしね。

着替えが多い=出来ることも多いのです。

また、引き寄せの法則的にも、良家の生活習慣を真似ることはおススメです。

特に子どものうちからそういう生活習慣を身につけておくといいですよ。

とわかっていても、休みの日などはついつい着の身着のままで

グダグダしたくなりますけどね~(^^;

私はちょー面倒くさがりやなもので…

 

人間、人生の1/3は寝ていると言われていますから、

睡眠にはこだわっておきましょ(^_-)-☆

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ


 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・今、地球と自分に何が起こってる?

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?