【上品に見える食べ方(2)】柔らかい食材にご注意!


前回記事の、家の食卓に定規を置いておいても、

マステや貼り紙を貼っていても、

ほとんど見ないわー!という外食族の方も、

食事は麺類ばかりで、ヒトクチの約3cmがわからない!

という方でも意識するといいこと。

それは

 

 

最初のヒトクチを30回噛むこと

 

まず、最初のヒトクチを、頑張って約30回噛んでください。

その後は、回数を気にせず、楽しく食事をして頂ければOK!

最初に30回噛むことで、消化液が分泌されます。

 

消化液とは、唾液・胃液・膵液・胆汁・腸液の5種類。

この消化液が充分に分泌されていないと、

食べ物がスムーズに流れていかず、

腸壁にくっついたり、腸壁に穴をあけたりします。

 

食べ物だろうとなんだろうと、

免疫サンにとっては外部から来た異物です。

 

消化液が十分に分泌されていないで

腸壁に、食べ物が居座ってしまったら、

免疫サンにしてみれば『オマエも敵か!』状態です。

これが、免疫の暴走(=アレルギー源「アレルゲン」認定)と言われます。

また、免疫がコントロールできなくなれば、結果的に免疫力も危機に!

 

 

食材を大きいまま飲み込むことのリスク

 

というわけで、食材を大きいまま通過させると、

ただでさえ腸で分解して消化吸収するのに時間がかかりますよね。

でも、入ってきた食べ物を消化吸収して、

カラダに栄養をとり込んでいくことは、

カラダにとって急務ですから、その間、

他のことは疎かになってしまいます。

つまり、

 

  • 消化に負担がかかって作業効率が落ちる
  • ウイルスや菌などに対する抵抗力が弱くなる
  • アレルギーになる

 

更には、

 

  • 抗アレルギー剤を飲んで眠くなり、作業効率が落ちる
  • 耳鼻科に行く時間と、薬局に行く時間がかかる

 

結構、ハイリスクじゃないですか?

 

 

何事も一方的な見方はよくありませんよね。

イイコト・・・イイコト・・・・・・ありませんかね。

 

あ、アレルギーの人が増えて、アレルギー科が儲かる?

耳鼻科が患者という名のお客様でイッパイにいなる?

風邪が流行った時に免疫が暴走して、

抵抗力低めの人が風邪をひいて病院が儲かる?

くらいですかねー???

てか、病院と製薬会社にしかメリットがない気が… (^^;

 

 

食事は麺類ばかり!の場合は、どうすればいい?

 

日本人は蕎麦やラーメン、といった麺類大好きですよね。

かくいう私も麺類は大好き!

食事は麺類ばかり!という方だと、

最初のヒトクチを30回噛むのも難しいですよね。

私も、つい麺類はおそろしいスピードで食べてしまいます。

NOT猫舌で、バリカタ好きなもので… (^^;

 

そのこと自体にも意見がないわけではありませんが(笑)、

その場合は、サラダや前菜を一緒に頼むなどの工夫をして、

「最初にサラダ(前菜)、それを30回噛む」を意識してくださいね。

 

 

お粥を30回噛めますか?

 

「よく噛んで食べなさい」と言われても、お粥を30回噛めますか?

 

無理ですよね。

つまり、食卓に並ぶものが柔らかいものだけだと、そんなに噛めません。

日本人は特に固いものが苦手ですからね。

更に年を重ねると、どんどん固いものが苦手になっていきます。

気が付いたら、食卓には柔らかいものばかり… になりませんよう。

 

すんごい固いモノだらけにする必要もありません。

食べることがイヤになっては元も子もありませんが、

例えば秋でしたら、少し根菜の歯ごたえを残す切り方をするなどの

工夫をされるといいですよ。

 

足裏への刺激と、噛むことは脳への一番の刺激。

そこを面倒くさがって避けてしまったら、ボケ老人まっしぐらです。

 

 

一番の問題は、食べる時にスプーンを使うこと

 

小さい子はもちろんしょうがないですが、

テーブルスプーンというものは、

基本的にスープ(シチューなども含む)を飲む時に使うもので、

食べ物・・・特に丼物をかきこむものではありません。

 

 

以前、祖父がお世話になっていた老人ホームで、

痴呆症のおばあさんに、噛むのが大変だろうから

ということで、全てをミキサーで粉砕したり、

柔らかくしてスプーンで食べさせている姿を見かけました。

 

ケアとしては行き届いていると思いますし、

やってあげたい気持ちはわかりますが、

それでは痴呆は進行していくだけです。

 

もちろん、歯が痛くなるようなカタイモノや大きいままはNGですが、

噛まずに飲むような食習慣というのは、

脳にとっても腸にとっても、小さな親切、大きなお世話です。

 

これは、私がスムージーを勧めない理由にもつながりますし、

体調が悪い時にお粥を勧めない理由にもつながります。

どちらもそれだけではありませんが。

 

 

まぁ、いきなり固いモノを食べて!っていうと

抵抗があるかもしれませんが、

まずは丼物を食べる時には、出来るだけ

テーブルスプーンを使わないようにしてみませんか?

 

 

器に口をつけてはいけないごはんもの

 

日本の食文化のマナー的にも、

【お箸+器に口をつけていいごはんもの】

  • お茶づけ
  • 卵かけごはん
  • とろろごはん
  • 雑炊

 

【お箸+器に口をつけてはいけないごはんもの】

  • 白いごはん
  • 丼もの

と言われています。

 

また、個人的には、

食べやすさ的にも、ビジュアル(マナー)的にも、

カレーはフォークがおススメです。

お皿(プレート)に乗ったごはんは、フォークが基本。

まぁスリランカカレーなどは手でもいいと思いますが…

 

また、日本食に限らず、チャーハンはれんげの先端に

ちょっとずつ乗せて食べるのがおススメですし、

ビビンパも、スプーンに少しずつ乗せて食べるのがおススメです。

 

そんなに日々ごはんを急いでかっこまなくても…!

というわけで、どれも目安は『一口一寸』です。

 

定規を見なくても3cmがわかる感覚をつかむと、

どこでも応用がききますよ!

 

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

 

年中忙しくて体調なんか壊していられない方へ向けて、

不調になりにくい体を手に入れる

「季節ごとに食べておい方がいい」食べ物や

「気を付けておいた方がいい」情報などが、

あなたのスマホにタイムリーに届くメルマガをどうぞ!

多忙なビジネスパーソンや主婦の方にも好評です。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?