【上品に見える食べ方(1)】ヒトクチはどのくらいがいい?


お上品に見える食べ方は、健康にもイイのです。

本当に美味しい食事は、健康にイイのと同じように…

 

マナーっていうと難しく感じるかもしれませんが、

ちょっと「ヒトクチ」のサイズを意識してみませんか?

 

 

あなたの「ヒトクチ」は何cmですか?

 

まぁ、食事時に鏡の前で口を広げて測って頂いてもいいのですが、

答えを言ってしまいますね。

 

多少の個人差はありますが、約3.5cmと言われています。

 

 

ということは、口の中にいれる食べ物のサイズは

ちょっとゆとりを持つなら約3cmとなります。

思っていたより小さくないですか?

 

 

懐石料理では『一口一寸』と言われます。

 

一寸って約3cmのことですから、実は和洋関係なし!

 

 

例えば自分で調理する時なら、調理後に野菜が3cm位になるよう切ったり、

ステーキやハンバーグなら3cmを意識して切って食べてみる。

サラダなどの葉物野菜は3cm大にたたんで食べる。

これってイイコト尽くしなんです。

 

 

効果その1は、上品に見えること

 

ヒトクチ内でおさまれば、上品に見えますよね。

口から溢れていたら、まぁあまり上品とは言えないかなと。

 

あと「だいたいこのくらいがヒトクチだな」ってわかっていれば

例えば、さといもなどすべりやすいものは、

器のへりをうまく使ってゆっくり何度かに分けて

あらかじめ切っておけばOK。

固いお肉だったら2cmぐらいがいいかもー!?

 

モグモグしている時に起こりがちな会話の中断も最小限で済みます。

 

とはいえ、楽しい食事の時に、3cm… 3cm… と思いながらでは

あまり会話を楽しめなくなってしまうと思います。

いちいち意識しなくても出来るよう

日頃から習慣づけておくことが大事ですよー!

 

※ごぼうやこんにゃくなど、簡単に切れそうにない大きいものは

かじるしかありません。そういうのはささっとどうぞ。

 

 

効果その2は、よく噛んで食べること

 

「よく噛んで食べなさい!」って、昔はよく言われましたよね。

これ、すっごく大事なことなんです。

 

特に何らかのアレルギーをお持ちの方。

ココを改善することなしには、アレルギーは改善しませんよー!

 

また、噛むことで脳も発達します。

 

さらに、よく噛んで食べると、

更年期障害が起きにくくなりますし、

放射能による被ばくも防ぎやすくなります。

 

逆を返せば、よく噛んで食べないと、

これらのリスクが高まるということです。

 

でも、ついつい忙しい日々だとよく噛まずに食べてしまったりしませんか?

 

 

そこで、一口一寸(約3cm)です。

ヒトクチ3cmだったら、そんなに急げないと思います。

 

品格UP & 消化力UP!!

一口一寸は一石二鳥!

二どころかイイコト尽くし!!!

 

って、よく噛む方がいいって、頭ではわかってると思うのです。

でも急いでると、つい忘れちゃいますよね。

人間は忘れるイキモノなのです。

 

ですので、せめておうちでは、100均のステンレス定規でも、

貼り紙でも、メモリ付きのマステでもいいですから、

テーブルの上に置るなり貼るなりして、

習慣化するまでは何らかのサインがあった方がいいと思います。

こういうのがおススメですね。

 

 

 

わかってるけど、忙しくてつい早食いしちゃう!

なら、食べる量を減らしてでも

その許された時間内でよく噛んで食べるようにしてください(笑)。

 

そのくらい早食いにイイコトはありません。

 

そして、たまにならともかく、日常的に早食いをして、

カラダの不調をきたすことを考えたら、

そちらの方が時間とお金のロスになりますので、

モノゴトの優先順位とタイムマネジメントの見直しをおススメします。

その数分削った分は、病院での待合時間で消費される気がします(笑)。

 

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ

 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・めまぐるしく変わる環境にも適応していく知識

などを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

 

年中忙しくて体調なんか壊していられない方へ向けて、

不調になりにくい体を手に入れる

「季節ごとに食べておい方がいい」食べ物や

「気を付けておいた方がいい」情報などが、

あなたのスマホにタイムリーに届くメルマガをどうぞ!

多忙なビジネスパーソンや主婦の方にも好評です。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?