入院の準備 ~入院することになったらまずコレ~


最近、体調不良の方を多く見かけます。

まぁこれだけ気温にも気圧にも振り回されればね…

その辺りにやられないカラダを作るのには、ちょっと時間がかかりますしね。

というわけで、原因はさておきまして。

病院に行って万が一「〇日に手術しましょー」「〇日に入院してください」と言われたら、

まずやっておきたいことは…

 

 

やめた方がいいもの

 

入院することになったら、

まずはなるべく早いうちに『砂糖』をやめてください。

傷口が治ったら食べてもいいですからッ!

砂糖そのままじゃよくはないですけども。

 

甘みは人間に必要だったりします。

砂糖は確かに麻薬ですが、食べ方やタイミングを知れば、大丈夫。

が、入院直前の今は、緊急事態。

砂糖をそのまま食べていると、傷の治りが遅くなります。

 

 

摂っておいた方がいいもの

 

それは、水分。

真水(常温のお水)を30分に1回ちびちびと飲んでおいてください。

お茶とかジュースとかお酒は、ノーカウントです。

 

薬などは人体の水分が約63%あるとして、作ってあります。

水分が足りないと、薬が強すぎて、人体が負けることがあります。

 

で、基本的に病気という《症状》が表面に出ているということは

絶対的に『水』と『ビタミンC』は足りていません。

 

ですので、入院までの間、手術までの間に、

出来るだけこまめに『水』と『ビタミンC』をしっかり摂っておいてくださいね。

量は個人差がありますので、適量でOKです。

『こまめに』が大事。

 

 

それから、喫煙者の方は、アタリマエにタバコはNGです。

砂糖よりも、よっっぽどタチが悪いし、害悪しかありません。

タバコ会社の売上貢献以外には、メリットはないです。

問題はニコチンじゃなくて、ポロニウムだから。

これを機にタバコをやめて、洗濯機を買い替えてくださいね。

 

 

次は持ち込んだ方がいいものを書きますね。

 

美味しいものを食べながら、元気も、運気も手に入れたい方へ


 

・美味しいものは正義!食べることは生きること!

・でも、不調の日は減らしたい

・今、地球と自分に何が起こってる?

ことを知りたい方に向けて、

月のリズムに合わせて月4回のペースでお昼前に配信中。

今日のランチのメニュー決めの参考になるかも!?

※「今」を重視しているので、バックナンバー配信はありません

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?