魔女学的推薦図書『はたらく細胞』


推薦図書と書きましたが、

今放送中のアニメの出来がとってもよくて、

実は、私的には原作よりもアニメの方がおススメです。

 

 

原作も持ってるし、録画もしてるけど、

ちょっとブルーレイも欲しくなってますもの…

 

ニコ生でも9/29に一挙放送が決まったようですし、

 

 

MXでは次クール(2018年10-12月期)も、

1話から再放送されることが決定したようですので

今期見逃した方は是非。

https://www.oricon.co.jp/article/543712/

 

音楽のテンポがいい。

OP曲、めっちゃ耳に残ります…(ちょっと困る)

コミックスだと画面がわちゃわちゃしてる感が少し気になるのですが、

音楽がつくことで、そのわちゃわちゃがリズムのテンポアップ!に

繋がっている感じです。あと、声フェチとしては、

毎回地味に「うぉっ!? 今の声ってば…」ともなっています。

 

原作は、紙でもKindleでもいいかなー(^^; ←テキトー

 

 

まぁこの細胞たちが働いてるヒトは、花粉症になったり、

インフルエンザになったり、熱中症になったり…と、

不調が色々あって大変そうだな~と思いますが、

私は、細胞ちゃんたちが働きやすい環境を作っとこーっと。

 

作中では何回も赤血球と白血球(好中球)が出会ってます。

本当は、白血球の寿命は1日程度… と分かっていても、

その辺は、興味がわいたら調べるといいかなと思います。

あくまで漫画(アニメ)ですからね!

100%事実だと思われても困りますが、そう頭の固いことを言わずに、

体内のわちゃわちゃ感を楽しんで頂ければ…と思います。

 

私がたまに言う「体内、ブラック企業化してませんか?」

というヤツがよりイメージしやすいと思いますので。

自覚ないけどそういう方、めっちゃ多いですから!!!

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?