おススメのローズの精油


正直、バラだけが特別大好き!というわけではなく、

基本的には植物全般好きですが(語ると超長くなるよ!w)、

フェノール値といい、ここまで人間にとってありがたい花は、

やはりローズ様をさしおいては、なかなかなく。

 

でも、高いのですよ。バラの精油は。

で、高いと思うと、買ってももったいなくてなかなか使えないから(笑)

バラの精油には手を出さずにいたのですが、、、

 

あさぎさんの魅力ラボのご縁で、とってもいい感じの精油を

紹介して頂きまして、買ってみちゃった。

 

クセがなくて、いかにも「バラ!」って感じの香りです。

溶剤抽出だとそっちが気になっちゃってウッとなるんですけど、

これはくどさもなくて、使いやすいと思いますよ~。

 

プラナロムで買うと、5mlとはいえ30,000円くらいするんだもの。

 

ま、お値段問題だけではなく、農薬はもちろん、

バラは、溶剤につけて抽出するのが多いし、

収獲地の標高や時期なども色々とね、気になることが多くて。

なかなか私が買いたいと思うのがなかったのですよ。

説明書き読んでたら、あれ、ドンピシャじゃない!? と。

あとは取り扱ってる方のお人柄です。結局そこよね。

→こちらのお方(https://ameblo.jp/aromavert/

 

ただ、精油を使うなら、使い方は勉強してねー!

親水性とか疎水性とか、色々とあるしね。

魔女学ではほぼ強制的に実践の中で学習して頂きますが。

 

基本的に、バスソルトであれ、洗濯モノであれ、

精油を肌に直接つけることになるものはおススメしませんが、

(水と油だからね! 最終的に混じってないよねー!)

芳香蒸留水も、精油も、うまく使えば、とってもお役立ちアイテムなのです。

すっっっごい細かいところまで分解して日々洗える超マメ子さん以外は、

間違っても水を使うディフューザーとかやめてねー。

香り撒いてんだか、雑菌やカビ撒いてんだかわからないからー!

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?