【被災時注意】水の備蓄は?


今朝、大阪で大きな地震がありましたね。

亡くなられた方にはご冥福を、

怪我をされている方が多いようですのでお見舞いを、

また被害がこれ以上拡大しませんように、お祈り申し上げます。

でも大阪の方は、皆さまとってもバイタリティがあるので、

きっと大丈夫! と思っております。

 

ただ、過去の例を見る限り&震源が浅いことから、

まだ大きな地震が続く可能性もありますので

くれぐれも油断なさらぬよう、外に出られる服で寝たり、

靴をベッドサイドに置いてお休みください。

 

生きる上で一番大事なのは水

 

備えは、色々とありますが、まず確保したいのはお水ですよね。

よく話題になるのが「浴槽に水をためましょう」というものですが、

これは良かれ悪しかれです。

 

というのは、基本的には浴槽にためたお水には、

かなり雑菌が入りますので、使用用途はトイレを流すくらいに限られます。

その上で、安易にトイレを流すのに使うかどうかというのは

ちょっと確認して頂きたいことがあります。

それは、排水管が破損している可能性があるからです。

 

まぁ1階や一軒家に住んでいる方がうっかり流して

万が一排水管が破損していても、

ほぼ被害はご家族がクサイだけで済むかもしれませんが、

集合住宅の場合、階下はエライ迷惑をこうむります。

天災と人災のダブルパンチになり兼ねません。

 

今後も円満なご近所づきあいのためには、やるならくれぐれも

排水管などが破損してないことをご確認の上でお願いします

という感じです。

 

まぁトイレが使用不可なら避難された方がよいかな? と思いますし。

基本は、やはり水を流さなくても済む

防災用のトイレを用意しておいた方がイイとは思います。

 

また、小さなお子さんやペットがいる場合にパニックになったり、

好奇心でうっかり浴槽に入ってしまうとも限りませんので、

浴槽に水をためておくのは、かなりケース・バイ・ケースです。

カビのモトにもなりますしね。

 

また、そんな事態にお腹を壊すとかやめた方がいいので、

くれぐれも飲用はしないようご注意ください。

 

やんごとなき御方たちが避難する場所は、

必ず湧き水があるところで、そこにはしっかり目印があります。

以前、防災講座に出た方は資料を見返してみてくださいね!

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?