女の子がいるご家庭に市販の入浴剤を勧めない理由


以前の記事の再編集(加筆版)です。

 

ヒトは皮膚からも色々と吸収しています。

正確に言うと、

細かい分子のモノは、相当皮膚からも吸収しています。

そして血液に入ってあっという間に全身に循環します。

 

毛穴をひらいて、何を入れる?

 

浴室の中は、蒸気で毛穴がひらきます。

毛穴がひらくと、色々吸収しやすくなりますよね?

 

浴槽に、わざわざお金払って化学物質を入れて、

そこにカラダを浸して鼻と皮膚から化学物質吸収するなんて

割とツッコミ所満載すぎる行動です(^^;

 

これが〈経皮吸収〉というヤツですね。

「皮膚からなんて何も吸収しないわ!」と思う方は、

唐辛子を20本くらい入れたボウルに手を浸してみてください。

結構痛いから(笑)。

激辛党の私でも30本を越してくるとちょっと痛い。

それで目の周りを擦ろうものなら、悶絶レベルです。←ウッカリよくやる

 

さらに、女性にとっては〈皮膚から〉だけじゃないんです。

赤ちゃんを世に生み出すために

唯一、外界と直接繋がってる臓器がありますよね!?

 

ソコを1日1回、ダイレクトに化学物質に

漬けるのって、どう思いますか ?

 

お母さんの時代は、それでもなんともなかったもーん!

と言われるかもしれませんが、

今の時代とは 食べ物、空気、日用品などなど、

色々な面で、環境が違いすぎます。

これもトータルで考えてくださいね。

 

今後の出産予定もない!という大人は

好きにすればいいと思いますが、

お母さんの選んだ入浴剤入りのお風呂に毎日入った結果、

「子宮トラブルや不妊症になった!」では、将来かわいそうです。

 

もちろん、入浴剤だけで必ずしもそうなるとは限りませんが、

所詮、入浴剤なんてお母さんの自己満足にすぎませんから、

娘さんの将来のリスクを減らしてあげてください。

 

リラックスには香り、重要ですよね。

お風呂はイイ香りがいいわ♪ というのは、私も同じです。

ちゃんと、やり様があります。

 

話がズレてしまいますので、ここでは香りのことまでは触れませんが

将来のリスクという理由だけでも、成分を見るまでもなく

私は市販の入浴剤はおススメしません。

 

しかも、入浴剤に色って必要ですか?

 

市販品には必要なんです(笑)。

色をつけないと、ご年配の方にとっては、

入浴剤を入れたのかどうか分からないから。

 

というわけで、市販のは流通に乗っている以上、

化学物質は入っています。

ウチの商品はお年寄りは使わないもの! とは、

言い切れないでしょう?

いくらナチュラル風であっても

店頭に並んでれば、入ってますよ。

じゃないと、品質が保てないのです。

いつ売れるかわかりませんからね。

日本のルールでは、品質不安定なものを

商品棚に並べるわけにいかんのです。

 

手作りのアロマオイル入りバスソルトは?

 

これもおススメしません。

ちょっとこれについて語ると長くなるので

記事を改めますが、やめた方がいいですよ。

ソルト単体はアリです。が、

それも、使った方がイイタイミングと、

使わない方がいいタイミングがあります。

とある研究データを見て以来、

精油を浴槽内に入れるのはやめた方がいい

と、お伝えしております。

 

ただ、塩素対策はした方がいい

 

じゃあ入浴剤を入れない方がいいのか? というと、

入れた方がいいんです。

というより、魔女的にはマストです。

塩素なども除去したいですし、

色々と吸収するチャンスですから!

 

ピンチをチャンスに変えてください。(ちょっと違うか/笑)

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?