時間がないってよく言うけれど


老いも若きも、みんな持ち時間は1日24時間。
だから「時間がない」のは嘘。
ある。24時間、ある。
正確には23時間56分4秒だった気がするけど、
持ち時間は、みんな平等にある。
ということは、
「ある」けど「使い方がうまくない」
「ある」けど「持ち時間<使用時間」か。

 

なぜ、日々時間がない!と感じてしまうのか。
まぁ単純にやることが多いって話はあるんだけど、
それはみんなそーですしね。
ひとつには、どちらにせよ
「見積もりが甘い」ってことがある気がします。

 

見積もりって、ひとつひとつにかかる作業時間だったり、
常に万全の体調で出来る、眠くならないと見積もってるとか。
このくらいなんてことないわーって思ってる小さな作業にかかる時間。
などなど。

 

そんなにやれてないから。
なんてことなくないから。

 

こちらの本にこのような記述が。

アメリカ人を対象にした研究では「自分は週に60〜64時間位働いている」と思っている人の実際の労働時間を平均して44.2時間ほどでした。さらに多く「65〜74時間位働いている」と思っている人の実際の平均労働時間は、実際には52.8時間でした。つまり、自分が働いてるつもりで時間を過ごしていても、そのうち20時間ほどが実質は働いていない時間なのです。

 

まぁアメリカ人はさておき、こういう誤差は起きてるだろうな…
と思っていたところ、昨日所属している青山華子さんの
オンラインコミュニティ「先生相談室」のZoomセミナーで、
時間管理の話が出まして、おススメのアプリも教えて頂いたので
まずはちゃんと記録してみるか!と。

 

ふんわりとブログにはこのくらいかかる…という感覚はありましたが、
多分、1作業30分以上かかるようなものは認識してるんですよ。
問題になりそうな「なんとなくやれてる」ものほど、
時間を意外に食っている自覚がないんだろうな。

 

そしたら、今朝さっそくアプリをダウンロードする前に、
朝起きてFacebook見てたらあっという間に30分経ってるし!
朝ごはん食べて、またFacebookとTwitter見ちゃって
(地震があったのもあるけど)
結局あっという間に、2時間くらい経ってるし!

 

コレの積み重ねだろうな… とアプリのダウンロード前に
既にひとへこみ(笑)。

 

いや、これじゃいかん!と、ブログを午前中に書いてみましたとさ。
あと、まずは見積もりとして、
睡眠時間を1日8時間見積もるところから始めた方がいいと思います。
見積もり段階ですら1日8時間取れないんだったら、
絶対「一日のうちにやれると思ってること」が多すぎるから!!

 

目下、私にとっても大課題なので、
このネタはしばらく試行錯誤していく予感…

 

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?