梅雨前にしておきたい対策


先日は梅雨に向けての最優先のカビ対策である
洗濯槽掃除をしました。
我が家の洗濯機では『槽洗浄』を選んで
50度のお湯を入れて酸素系漂白剤を入れるだけ。

 

そして昨日は、

  • プチ模様替えをして、
  • 壁と床をアルコールスプレーで拭いて
  • エアコンのフィルター掃除をして
  • シーツと布団の煮洗い
  • (大鍋出したついでに)五徳の煮洗い
  • (そのまたついでに)換気扇フードの重曹パック

 

をやりました。
下2つは「ついで」要素満載ですが、
上4つは、梅雨対策です。

 

 

まず、ベッドは極力部屋の中央に

 

直近のレイアウトでは、ベッドを設置したところが
壁にちょっと近かったので、
本棚を動かし、出来るだけベッドを壁から離しました。
と思ったら、ちょうどこんな記事が。

 

【10-50-90の法則】

  • ベッドの左右は、最低でも10センチ程度
  • 最低でも50センチ以上は窓から離れてベッドを配置する
  • 収納扉の開け閉めには90センチ程度のスペースが必要https://www.interiorhacks.com/archives/22368

 

私の寝室は面積の問題でそんなに離せないけど(^^;
言わんとしていることはわかります。

 

我が家は結露が激しく冬でもカビるので、
かなり壁の中もやられていると思うのです。
こりゃ梅雨前に本格的にどーにかしないと死ぬ!と思って
爽やか陽気がギリギリ終盤のタイミングで動きました。

 

カビが一番元気になるのは、気温24-30℃前後ですので、
その前に極力排除しておくといいですよー。
梅雨だと水っ気は止められないですし、
温度も奴らのドンピシャで活動しまくる温度ですし、
エサは、所詮何でもエサにしやがりますからね。

 

ただ、モトがなきゃカビ祭りは催せませんから
繁殖前に極力なくすことが大事。
祭りになってしまったら制御不可能です。

 

消毒用アルコールスプレーを作って拭き掃除

 

というわけで、アルコールスプレーを使って
壁とか床とかに居そうなカビたちを極力一掃。
消毒用アルコールスプレーは
消毒用エタノールと水と精油で作ります。
最近の水道水は塩素たっぷりなので、
こういうアイテムを作る時はいいですね。

 

基本的に、精油は掃除の時が一番使うかも。
私は精油を直接肌に触れるような使い方は、どんな精油であっても
基本的にはやめておいた方がいいと思っています。

 

私は掃除用の精油といえば、ティーツリーか
ユーカリ・グロブルスを使います。
禁忌事項があまりないので、ティーツリーの方が
初心者は使いやすいかと思いまする。
部屋中からティーツリーの香りがすると
「掃除したったぞーーー!」という感覚になります。
が、猫を飼っていた時は、
ティーツリーはすげーーーイヤそうな顔をされましたから、
ペットを飼っている方は、ペット用の回避策は
考えてあげてくださいね~!
ユーカリはもってのほか!でしょうね(^^; あまりに無謀なので実験せず
一般的に猫にNGと言われているオレンジは、
うちの子たちは平気そうでしたので、
やはりそこも相当個人(猫?)差がありそうです。

 

油断してたら「いつの間にか梅雨始まってたー!」は
多々ある気がしますので、雨予報が増えてくる前に、
なるべく一度カビちゃん根絶活動をしておくのがおススメです。
だいたい雨が降りまくって「これはいい加減梅雨だよね!」と、
梅雨入り宣言したら、その後晴れてめっちゃ暑くなる日が多い
っていう… のが、梅雨あるあるですからね(笑)。

 

現代日本の魔女学とは無料メルマガ〈魔女の手紙〉へのご登録校長ってどんな人?